個人年金保険のシステムを理解しよう

個人年金保険の利用について考えているのであれば、そもそもこの保険がどういったものなのか、ということについて知っておく必要があります。個人年金保険は「貯蓄型保険」の一種です。保険には掛け捨て型保険と貯蓄型保険という分類がありますが、掛け捨て保険としての役割からはかなり遠いと言えるでしょう。

個人年金保険は怪我や病気などに備えるための保険ではなく、保険料を使って老後資金の不足に備えるための保険ということになります。そのため、怪我や病気の保障というのはあくまでもオプションで追加出来るだけであり、基本的にはそういった効果は付与されていません。

養老保険や終身保険などと同じように、積立保険料が最終的には戻ってくるというのが個人年金保険の基本システムです。ただし、運用を行なっている関係上、場合によっては元金割れを起こす可能性もあります。個人年金保険のなかでも変額年金保険の場合には特にリスクが高いもののリターンが大きな投資を行なっているためその可能性が高くなります。

定額年金保険の場合にはそういったリスクの高い運用を行わないため最低限の元金保障があるものの、大きな金額を形成できる可能性はかなり少なくなります。

話題の人物に関する紹介コラムをご紹介します。
アブラハムグループ・高岡壮一郎に関する記事まとめ
大手メディアへの掲載事例を取り上げています。

2月 3, 2015 · admin · No Comments
Posted in: 保険全般

Leave a Reply