気軽に投資できる注目の日本版ISA

日本は将来、老後の生活資金が少なくなるといわれています。受け取れる公的資金が少なくなるため、生活にゆとりが持てなくそうです。老後の生活資金はたくさん必要となりますが、その資金となるものは公的資金です。しかし、今後は公的年金が少なくなることから、老後の生活資金を別に求めなければならないといわれています。

資金づくりとして、一般的なものは銀行預金や私的年金ですが、銀行が低金利、私的年金の利益が小さいため、安定した資金づくりであっても、大きな資金を作るほどのものではないといわれています。そのことから、大きな資金を作るには投資がよいといわれています。

投資であるなら、預金などとは違い、満足できる預金が作れるようになるとされています。景気があまり良くない日本では、資産づくりが大変なことから、投資による資金形成が期待されるようになっています。日本版ISAは、投資をしやすくした制度として知られ、年間100万円であるなら、投資への利益に対して課税されません。これによって、投資による資産形成を有利なものとしてくれるようになるといわれています。

日本版ISAは、今後、資産づくりとして気軽にできる投資として注目されるようになっています。

12月 10, 2014 · admin · No Comments
Posted in: 投資・財テク

Leave a Reply